Blog ブログ

オンラインサロン YouTube

体験入学受付中

HOME // ブログ // 仕事と婚活「相談する人・される人」それぞれの気持ち

Blog ブログ

CATEGORY


ブログ

仕事と婚活「相談する人・される人」それぞれの気持ち

「なんで相談してくれないのかなぁ。
俺のことが怖いのかなぁ。」
先日、ある企業の偉い人から、こんな相談をされました。
 
 
とても気さくで、むしろこの男性の方から
「何かあったらすぐに相談して」
「困っていることない?」
 
 
と言ってくれて、
相談すると、
的確な回答と指示を出す。
 
 
そしていくつもの部署の統括をし、
激務で忙しいのに、
 
 
部下ひとりひとりに、
2週間に1度、数十分程度の
1対1の時間を作り、
 
 
情報共有や相談の場を作って、
手を広げて受け入れてくれている
スタンスの男性なのに、
 
 
それでも部下は相談してこないことがあり、
それで、冒頭の「なんで相談してくれないのかなぁ」
の言葉につながります。
 
 
そして部下が相談しない理由は、
 
 
「今更、こんな相談をして、
どうしてもっと早く言ってくれなかったのか
言われるのが嫌だ」
 
 
「何とか自分で
解決できるかもしれない」
 
 
「時間が経てば、
なかったことにできるかもしれない、
ごまかせることができるかもしれない」
 
 
「今更、こんなこと相談するなんて
無理だ」
 
 
「何でもっと早く、言ってくれなかったんだ!
と言われるのが嫌だ」
 
 
という気持ちがあるから、
相談して来ないのだと思いますが、
 
 
相談することで解決する
可能性が出てくるのはもちろん、
お互いの信頼関係ができるのです。
 
 
でも、それをわかっていない、
わかっていても、プライドがあったり
相談する勇気がなくて、言い出せない。
 
 
実際はそんな男性が多いのですが、
それは問題が明るみに出てしまった時に、
 
 
会社や上司が、
あなたに対し、
信頼を失くしてしまうことになるのです。
 
 
私はそういう男性をたくさん見てきましたし、
私自身もそういう経験をしているので、
 
 
結果、どういう事態になるのか、
嫌というほど痛感しています。
 
 
もちろん、あなただってわかっていますよね?
 
 
私は過去の経験や失敗から、
今は相談する時、
特に、相談しにくい深刻な内容な時ほど、
 
 
今まで相談できなかった理由や
こう思ったから相談してますと
はっきり相談した理由を伝えるようにしています。
 
 
そこには少し感情的になることもあるかもしれません。
※泣いたりはしませんよ。
 
 
でも、感情的になると
相手に気持ちが伝わることがあり、
 
 
ましてや、相談するのが電話だと
感情を入れないと伝わらないことだって
ありますよね。
 
 
男性が仕事で感情的になることは
少ないと思いますが、
 
 
私がこれまで出会ってきた
仕事ができたり、評価されている男性は、
  
 
会議の場で、自分の思いを伝えたい時に
声を多少荒げて、
感情的になっていた男性たちだったことを思い出しました。
 
 
プレゼンだって、講演だって、
慣れていて、スラスラ話せる人より
 
 
喜怒哀楽の表現が豊かな人や
緊張している人の方が気持ちが入り込みやすいし、
共感しやすくないですか?
 
 
もし、あなたが相談できず悩んでいることがあるなら、
今まで相談できなかったことを謝り、
理由もちゃんと伝えてください。
 
 
きっと、わかってくれます。
 
 
そして、部下と同じく会員さんにも、
お見合いが終わった後にに必ず連絡をくれる人と
そうでない会員さん、
 
 
お付き合いしている人とうまくいかなそうな時に
相談してくれる会員さんと
知らない間に別れてしまっている会員さん、
 
 
どっちを「気にかけたい」と思うか、
「なんとかしてあげたい」と思うか、
わかりますよね?
 
 
相談される会員さんの方が構いたくなるし
どうにかしてあげたいと思うのは
当然のことなんです。
 
 
それは立場が変わっても、
同じ気持ちになるということを、
冒頭の男性の話で、改めて感じました。
  
 
そして、深刻な相談ほど、
感情も出してほしい。
その方が気持ちは伝わりますから。

※この暑さで真冬のような恰好・・・
日焼け防止のためなら、暑さもガマン。
この日の仕事がうまくいきますようにと、
新宿の花園神社でお参りしました。

SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧