Blog ブログ

オンラインサロン YouTube

体験入学受付中

HOME // ブログ // 初対面の女性は、あなたの欠点を知らない

Blog ブログ

CATEGORY


ブログ

初対面の女性は、あなたの欠点を知らない

先日、カラーセラピーと、
男女の出会いの場のコラボ、ということで、
「カラーセラピー合コン」をしました。
 
 
でも、参加するはずだった知り合いの男性が、
急遽、当日になって
発熱してしまい、
 
 
男性の参加者は、男性会員さんだけ・・・
結果、ハーレム状態となりました。
 
 
とても暑い日だったので、
どんな服装で行った方がいいか、
事前に伝えていましたが、
 
 
以前、一緒に選びに行った服装で、
とても、涼し気な爽やかな色で、
 
 
しかも当日は美容院にも行き、
とても素敵になっていました♪
 
 
そして、会の内容自体は、
自分の性格だったり、仕事の様子だったりを、
たくさん聞かれて自分から話す会だったので、
 
 
それが普通の合コンとは違って、
セラピストさんが上手に話を聞き出し、
お互いのことを知ってもらう、とてもいい機会となりました。
 
 
ですが、自分の欠点の話になった時に、
男性が「自分はわがままだ」と話していましたが、
私は感じたことがありませんでしたし、
 
 
他の女性も「そうなんですか?」と
意外そうな反応をしていましたが、
  
 
初対面なので、お互いの欠点なんて、
わかるはずがありませんよね。
 
 
それに、自分が感じている自分の欠点って、
他の人からして見たら、
たいして気にならないことだったりするものです。
 
 
なので、「わがままなんです」
「短気なんです」「人見知りなんです」
と、女性から聞かれていないなら、
 
 
ネガティブな性格を
あえて自分から言う必要はないかな、
と感じたのでした。
 
 
もちろん、自己開示は大切です。
でも言い方次第で、
受け取る印象がガラっと変わりますよね。
 
 
例えば
「自分は自分のことをわがままだと思っている」
という話をするとしたら、
 
 
「仕事ではつい、我が出てしまって、
譲れない所があると、熱くなってしまい、
口調も厳しくなってしまいます。わがままなんですよね」
 
 
そんな言い方をされたら、
「あぁ、一生懸命、仕事している人なんだな」
 
 
と受け取り、わがままなんて、
これっぽっちも感じません。
 
 
要するに言い方や言い回しを変えるだけで、
「わがまま」というネガティブなことを話しているのに、
ポジティブに受け取ってしまうものなのです。
 
 
そして、せっかくの出会いの場なので、
もちろん自己開示は大切ですが、
 
 
会って数時間しか経っていない女性が、
あなたの欠点を見抜くかというと、
見抜けない女性の方が多いと思うので、
 
 
ここは言い回しを変えて、
欠点も「努力している自分」に言い換えて、
自己開示してほしいなと思ったのでした。
 
 
それにしても、
入会時と比較したら、
劇的な変化を遂げた会員さん。
 
 
年齢も見た目10歳くらい、若返ったように見えます。
それくらい「おとっつあん」な感じの
見た目でした。 ※子供はいないのに。
 
 
そして私がいちいち、服装をああだこうだ、
言う必要もなさそうなので、
 
 
あとは「自己肯定感を上げる」
これができれば、彼女も結婚もできると
感じたのでした。
 
 
何気に、これが一番、
難しいのかもしれませんが、
自己肯定感もテコ入れしていきたいです。
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧